ゆったりとした日々

どんなに忙しい日々を過ごしていても、余裕をもって生きていきませんか?

冷え込むと思ったら…少し暖かくなりましたね

ここ最近の気温の変動はまるで、自分の心情を表しているかのようだと思う。

この前、彼女について少し不満を漏らしてしまいましたが、14日に会ってみて、少し謎が解けましたね。

今まで、何が不満だったかというと

  • 僕との時間を最小限にしようと思われている気がする→僕は不要なんじゃないか?
  • なんか素っ気ない→僕と関わるのがめんどくさいのか?

主にこれらの事が、不満の原因でした。

 

14日、10:30に約束して、待ち合わせたところ、11:04に到着。会ってそうそう、お金がない!つらい!と愚痴をこぼされました。

内心、「おいおい…、久しぶりに会ったというのに、いきなりそんなことかよ…」と残念な気持ちでいっぱいになりました。僕は、頻繁には会えないから、お互い、会えた時にはすごく嬉しいものだろうと思いました。予想と全然違いましたね。

それから、ずっとお金の話で、今銀行にどれくらい入ってるかわからないから確認したいと言われ、コンビニで預金残高を確認。ないと思っていたお金が少しは入っていたようで、安心したようでした。しかし、デートに遅刻してきて、預金残高の確認なんてするか!?今かよ!って思いました。

カメラの催し物、CP+というのに行ってきたんです。彼女はその会場に着くまでに、幾つかの話をしてくれました。

  • 定期代のせいで、せっかくバイトで稼いだお金がほとんど消える。

彼女の家は駅から遠く、電車とバスを利用しないと学校まで通えないそうです。電車の定期代はもちろん最安のものを利用しているけれど、バスの料金が電車の料金とほぼ同じくらいかかるそうで、その代金がバカにならないそうです。これには、どうしようもありません。バスを自転車にするなど、対策が取れればいいですが、彼女の基本的な思考回路は、現状改善はしない主義のようですので、おそらく改善はないでしょうね。

  • サークルのせいで、お金が溶ける。

サークルで活動するために、部費を払うのですが、それが高い、というのです。部費にプラスして合宿代なども加算されるので、年間通して、数十万円お金をかけている事になります。彼女は、こういうことで、お金がなくなっていくことで、サークル活動が楽しくないそう。本末転倒としか言いようがありません。でも、サークルも状況が悪く、簡単にはやめられないそうです。無念ですね。

  • お金がないから、心が荒んでいる。

彼女は、スケジュールをほとんどバイト、サークルで埋めています。サークルの活動資金調達のためにバイトをやっているわけですが、そのバイトがサークルのない日はほぼ全て入っています。丸一日、通しでバイトをすることもあります。正直言って、僕にはこんなことできません。バイトが忙しいから、サークル活動もうまくまわらない、みたいなことになりかねませんよね。現に彼女はそうなっていることもあります。

  • 最近はiPhoneの画面を見ているだけで頭痛がする。だから、LINEするのは苦痛。

僕が、LINEでの素っ気ない雰囲気を指摘すると、そう話してくれました。これは、単に疲れが原因のものなんでしょうか。慢性的に頭痛が起こるとなると、何か病気の兆候で、将来大病を患うことも考えられますよね。そうなると、僕としては不安です。悲しいです。で、僕にLINEが苦痛だということを伝えると、僕が傷つくから言えない、みたいなことを言われました。これはいけませんよ。こういうのが原因で、昔一度別れたんですから。相手にはちゃんと自分の主張を言う、これは鉄則です。信用してくれよ、と思いました。ちゃんと、言ってくれればいいのに。

 

こんな感じで、だいたいがお金の話でした。要はお金のやりくりが難しくて、その問題を中心にいろいろ悪影響が出ているという感じです。

 

僕にはお金の問題は解決してあげることはできません。お金ないなら、じゃあ貸そうかということにもなりません。僕にできるのは、話を聞いてあげることだと思いました。なんか、解決策を提示してあげられればいいなとも思いましたが、彼女には現状を改善する余地はなく、働くことで精一杯でした。今やってることが最善の策かどうかはわからないけれど。それに、僕がなにか提案やら考え方をいうと、お前には言われたくない、同じ環境におかれてない人間にそういうこと言われたくない、みたいなことを言われます。まあ、仕方ありませんよね。無理ないです。問題ごとの渦中にいる人間というものはそういう思考に陥りがちです。まさに自分を客観視できていない状況です。

ただ、そう思うのは仕方ないところではありますが、それをそんな風に言われては、正直ムカつきますよね。だって、こちらとしては助けになるかなとおもって提案しているのに。で、今わかったのは、その「助けになるかな。」が間違っているのです。自分が相手に対して善だと思った行動は、必ずしもその相手のためにならないですね。

情けは人の為ならず

みたいなことと同じです。良かれと思ったことは、一旦立ち止まってその人の立場になって考えてみましょう。できるだけ、その人と同じような思考回路で考えたほうがいいですね。そうすると、今そんなことを言われてもうるせーよとしか返答しないことがわかります。難しいですね。これを会話の途中でできるかどうかは定かではありません。よっぽど冷静にならないと。

 

 

 

ちょっと話は変わりますが、14日はバレンタインデーでした。僕は自分の彼女にあまり大きな期待はしていません。でも、ホテルニューオータニに売っていたという可愛くて綺麗なチョコレートを買ってきてくれたのでした。これは、嬉しかった。

…けど、渡し方が雑すぎて、嬉しさは半減しました。

歩いてる途中に、そういえば今日はバレンタインだからチョコ買ってきたよ、と渡されました。割れてたらごめんね、一回落としちゃったから、みたいなことをいわれ…。

「いわなきゃいいのに」と思いました。

 

僕が思うに、バレンタインデーというのは愛を伝えるが先にあって、チョコを渡すことが目的ではないと思うんです。気持ちあっての行動だろ、ということです。それが、彼女に至っては、チョコを渡せばいいや、ということに終始していて、気持ちが全く伝わってこなかった。だから、残念でした。

でも、先の話もあって彼女はお金のことで心が荒んでいる。だから、そんな雑な対応になるのも仕方ないなと思います。昨年は、わざわざ彼女が珍しく自分の時間を削ってまで、僕のためにお菓子を作ってきてくれました。かわいいデコレーションまで手作りで。今年はそんな時間もないし、もともと料理は苦手だし、心は荒んでいるしということで、こういう結果になってしまったのでしょう!ああ、残念!

 

 

 

CP+には写真を見に行ったのですが、カメラがメインのイベントでしたので、少しだけ見て、お昼を食べに行きました。

彼女は食いしん坊です。体が大きいからなのでしょうか、よく食べます。大きいといっても背が高いという意味で、決して太ってはいません。かなり綺麗な体をしています。でも、僕以上に食べます。僕が少食なのかもしれませんが、それを抜きにしてもよく食べますね。ここでも、お金の話、サークルに行きたくないという話、愚痴ばかりでした。この人は一体、何のためにデートしに来たのだろうか…。愚痴をたくさん話すために僕に会いに来たのだろうか…。当たってました。後から聞いてわかりましたが、僕くらいにしかこういう話(愚痴)はできないそうです。だから、僕が愚痴をこぼすなとか言っちゃうと、彼女は溜め込むしかないと言っていました。

 

僕のいる意味あるじゃん!

 

ちょっと嬉しくなりました。なあんだ、僕不要じゃなかったんだ!

 

ここら辺までが、当日に得られた成果です。

 

一歩先を進む僕は違います。そのあとも、このデートのことを回想し、思考を深めます。すると、意外な結果がわかりました。

 

  • 僕は、彼女に依存しかけている。

 

昔、依存しまくって、嫌われました。それで一回別れたけれど、僕は変わる宣言をして、もう一度付き合ってもらいました。それほど、彼女が良かったのです。だから、今後も手放すつもりはありません。でも、最近また依存しかけているということが、独自の考察により明らかになりました。

原因は何か。依存しやすい時があるということに気づきました。それは、僕がフリーな時間が多い時。特にバイトも忙しいわけではなく、やることも制限されていない…そう、大学生に特有の長期の休み期間です。授業もないため、勉強は縛られずにできる。ただし、僕は休み中は好きなことしかしていません。今は試験を受けるのでそのための勉強、好きな勉強をしたり、ゲームしたり、サイクリングしたり、友達と会ったり、をしています。それでも時間が余るのです。それぞれに熱中できていないのでしょうか。これはまた別の機会に考察したいと思います。

 

昨年、サークル活動で忙しかった僕は、ほとんどの空き時間をサークルのために費やしていました。サークル活動とは楽器の演奏なので、個人の練習量が大事なのです。だから必死に練習しました。レッスンにも通ったり、個人練習をたくさんしたり、後輩に指導することもありました。だから、とても充実した時間を過ごしていたわけです。

そして、昨年冬、そのサークルを引退したわけです。すると、今までサークルに注いできた力が、解放されて、なにか違うことをしたいという欲求に駆られました。それで、ちょうど、その時期研究室が決まっていたので、勉強したいなと思いました。

バイトを急激に増やすということもできないバイトなので、引退してから割と時間が余っているのです。僕はあまり友人と頻繁に遊ばないタイプのようです。だから、はじめは、人と会わないことがおおく、だんだん寂しさを感じてきました。彼女にも会えないですし。

 

何もしない自由な時間があると、寂しさがあり、彼女に会いたくなってしまい、その結果依存してしまうのかもしれない、と考えました。うーん、もしかすると自由な時間というよりも、自分の時間が充実していないのではないか。両方ありますね。

彼女に依存しないためには、やはり、自分の時間に全力を注ぐ、これが一番ですね!

自分の時間を充実させたいと思います。

で、人と会わないと、やっぱり考えが固まってしまいます。

だから、積極的に友達を誘ってみようと思います。

今週末、金曜にはサークルの仲間たちと焼肉食べに行くし、土曜日には友達とサイクリング、日曜日には、なんと彼女に会えます!やったー!

 

なんとすばらしいことか。めっちゃ充実してるやん、ということになります。

 

あと、最近特に気をつけていることは、スマホにも依存しないこと!

いまや電車内ではほとんどの人がスマホをいじっています。これは、当たり前のことですが、目に悪いです。デジタル化が進んできた時代だからこそ、アナログも大事にしていきましょうよ。

あと、スマホをいじりながら、何かをするということは、あまり成果を得られません。達成率が低いというか。ぐだります。だから、ここは思い切ってキッパリと分けることが大事です。歩くなら歩く、スマホを見るなら見るで、どこかに座ったりして見る!両方を両立するとかならずパフォーマンスが低下します。HDDのデフラグみたいな感じで、なんか雑な情報になってしまう感じです。

 

これにはみなさん気を付けましょう!

しっかりと、やるときはこれをやる!切り替え大事です!