ゆったりとした日々

どんなに忙しい日々を過ごしていても、余裕をもって生きていきませんか?

大学受験ですね

今、世間では大学受験シーズンです!

あ、高校受験も始まっているのかな。

 

地区センターではまわりにたくさんの高校生が勉強しています。

皆、希望の大学に受かるといいですね。失敗しても、いい経験になりますよ。

諦めず、頑張って下さい。

 

と、ここで昨日地区センターに行った時のお話。

地区センターで勉強していると、大抵7時8時くらいになると黒い上着を着、黒いリュックを背負った早歩きの男がやってくる。最初は、何事もなく席に着くのだが、しばらくすると、ひとりごとなのか大きな声で、しかも何を言っているのか聞き取れないのだが、わめいている。たまに、断片だけ聞こえてくるのだが、何を言っているのかさっぱりわからない。

でも、昨日は地区センターにくるのバカばっかりだから…なんとかかんとか、って言ってて、これはさすがに心に穏やかならぬ思いがこみ上げた。

地区センターで一番バカなのはお前じゃないか!とおもったが、音楽プレーヤーの音量を上げにあげて、知らぬふりをした。

たまに、ストレスになります。

たぶん、なんか障がいを持っているんだろうと思いますが、人には迷惑をかけないようにして欲しいですね。今の所、直接話しかけてくるようなことはないので、まだ良いのですが、近くに座ってきたら、何か言われるかもしれないと怖くて仕方ありません。この前は近くに座っていた中学生の女の子に話しかけていて、勉強している時の顔が近いよ、みたいなことを言っていました。それくらいのことならいいんだけどね。ずっと前は、地区センター一周して、「今日は可愛い子いなかった」と笑いながら独り言で言っていたので、かなり恐怖を感じました。

 

何もなければいいんですが。

 

 

さて、私はこの一週間、大学の試験監督補助のアルバイトをやっております。明日はまた雪が降るそうなので、防寒しっかりおこなっていきましょう!例年と比べて、礼儀正しい学生が増えたような気がして、感銘を受けました。日頃の行いが良い人間は、きっと大学受験もうまくいくはずですよ。

 

自分の受験の時を思い出すと、かなり早い時間から試験会場に到着して、朝ごはん(お母さんの作ってくれたおにぎり)を食べ、暖かいお茶を飲み、お手洗いにいってゆっくりすごしていましたね。早く行けば、お手洗いもガラガラだし、心を落ち着けるのに最適です。あとはひたすら音楽を聴いていましたね。その時聴いていた曲はQueenのKeep yourself aliveとかLiarとかがはいってるアルバムですね。地下鉄に乗ってる時もずっと聴いてて、すごく思い出します。入学してからもしばらく聴いてたかな。

そういえば、東京理科大学の受験の時は、洋服、例えばパーカとかジャケット、にエイジのプリントが施してあった場合、試験中に目に入るといけないということから脱ぐように言われた記憶があります。そこまでしてカンニングを防止することもないなと思うのですが…。だって、試験に出てくるような英単語で、目の前の人の服に書いてあったとして、そんなラッキーなことがあるんですかね。書いてあっても、得点につながるのか甚だ疑問であります。だいたい、そういう英字プリントの英語は、よく分からないスラングとかシンプルな英単語くらいしかないのではないでしょうか。受験英語で出る単語がプリントされることは少ないのではないかなーと。直感ですが。

 

僕も研究室入る前にはTOEIC受けなきゃ…。

まあ入ってからでも遅くはないと思うんですが、時間が取れるかなという不安がありますね。

英語は長らく触れていないから、心配。

 

 

そうだ、この前購入した書籍「エッセンシャル思考」をどんどん読み進めています。

成功している企業と衰退している企業には大きな違いがあって、それがエッセンシャルな思考をしているかどうかなんですね。確かに、お店を見ていて、これはどうなの?って思うことがあります。例えば、回転寿しチェーンとして人気を博しているくら寿司ですが、寿司だけでなく、フライドポテトやハンバーグ、ラーメンなども取り扱っていますよね。これには、僕だけでなくまだ中学生の弟すら疑念を抱いています。

やはり、寿司のお店なんだから、寿司に焦点を当てないといかんでしょうと。ほかのジャンルに手を出すことによって、寿司への投資が少なくなり、寿司の質が下がっていきます。あれもこれもと手を出すのはエッセンシャルでないです。もしかしたら、くら寿司のトップの人は美味しい寿司をお客に届けることが目的ではないかもしれません。だとすれば、くら寿司というネーミングは意味をなしてないと思います。くらご飯とかくらフードとかそんな感じのものである方がよっぽど良いでしょう。

これからくら寿司がどういう進退になるのかはわかりませんが、このままでは大成功するとは思えません。

 

今まで、僕は店を経営する企業を経営することは、すごく頭のいい人がやっていることだと勘違いしていました。たしかに、頭のいい人がやっているのかもしれませんが、全てがそうとは限らないのです。世の中に出回っているからといって、正しいものとは限りません。流通しているものを鵜呑みにしてはいけません。自分で正しいと判断したものを、消費者として購入してください。でないと、自分が損することになりますよね。なんで、あんなものにお金を出したんだろう。後で後悔するのは嫌です。

だから、いいものを長く使おう、最近はそう思っています。例えば、コートとか靴とか。安いものはいくらでもあります。でも安い靴を買ってすぐに壊れた経験があります。デザインは良かったのですが素材が安すぎて、すぐに破れました。そんな破れたものは、外に履いて出て行くことはできません。自分は安っぽい人間だということをアピールしていることにもなりかねません。

それならば、少しでも貯金して長持ちする良い靴を買ったほうがいいですよね。

特に学生はお金がありません。バイトをすればお金は貯まります。しかし、それを無駄に使ってはお金も喜んではくれないでしょう。せっかく汗水垂らして手に入れたお金を、気分良くいいものを買うために使えたら、どんなに幸せなことか。安っぽい商品を買うことよりも数十倍、いや数万倍も価値がありますよね。

 

 

うん、そんなかんじのことを本から読み取ってます。

フランス人は10着しか持たない本もそのようなことを教えてくれます。

だから、そういう考えがいいかな!って、いまは考えがそちらにシフトしています。

いやー、今までは無駄遣いが多かったなぁ。ものがどんどん溢れていく部屋。買ってしまったものは、すぐには捨てられない。部屋が狭い。これは頭が悪いですよね。だから、考えをシフトして頭のいい生き方を目指します!

 

それでは!また明日も早いのでー

おやすみなさい